不動産の表示に関する登記

不動産の表示に関する登記は土地家屋調査士の業務です。

建物表題登記

建物を新築した際に、新たな登記記録を作成するために申請します。自己資金で建てた人などは登記しないままにしているケースもありますが、将来登記する際に余計に費用がかかってしまうため、極力早めに申請することをお勧めします。

建物滅失登記

建物を解体した際に、登記記録を抹消するために申請します。

土地分筆登記

1筆の土地を数筆に分割します。

土地合筆登記

数筆の土地をまとめて1筆にします。細切れの土地を持っているときは合筆した方が管理しやすくなります。

土地地目変更登記

土地の使用目的を変更します。(畑から宅地など)

不動産の権利に関する登記

不動産の権利に関する登記は司法書士の業務です。

所有権移転

売買・贈与・相続などで所有者が変更した場合に申請します。

抵当権設定

住宅ローンなどで担保を設定した際に申請します。

抵当権抹消登記

住宅ローンを完済した時などに申請します。

賃借権設定・地上権設定

不動産を一定期間貸すときに設定します。

区分地上権設定

上空や地下の一定範囲に工作物(電線・水道管など)を設置する際に設定します

地役権設定

ある土地の便益のために他人の土地を使用する際に設定します。

通行地役権、通水地役権、観望地役権などがあります。

特殊な登記

工場抵当、工場財団の登記、動産担保
信託登記
譲渡担保・仮登記担保

不動産登記に関連する業務

土地境界測量
農地転用許可申請・農振除外申請
ドローンによる現況調査